DRAGON BALL
ドラゴンボール 戦闘力 <超非公式> 合点版

●スポンサード リンク
●解説
<超非公式>合点版とは
よくある疑問 Q&A
インフレ考察の手引き
●資料系
公式戦闘力(原作 アニメ 書籍)
ゲームのBP(ファミコン&スーファミ)
ゲームのBP(ゲームボーイ他&まとめ)
スカウターバトル体感かめはめ波
アルティメットミッション(スカウター&声優)
●ドラゴンボール(DB・原作初期)
孫悟飯/旅立ち~第21回天下一武道会
レッドリボン軍~悪魔の便所/孫悟飯
第22回天下一武道会~ピッコロ大魔王
第23回天下一武道会~ウェディング
●ドラゴンボール改(DBZ原作部)
サイヤ人編
フリーザ編
人造人間 セル編(前編)
人造人間 セル編(後編)

サイヤ人来襲
アルティメット武闘伝(IFエピソード)
●魔人ブウ編(ドラゴンボールZ)
ハイスクール~第25回天下一武道会
バビディの宇宙船~超サイヤ人3
フュージョン/究極/ポタラ~純粋ブウ
決着~10年後 第28回天下一武道会
●ドラゴンボールGT
究極ドラゴンボール探索編
スーパーベビー編~第30回天下一武道会
超17号編
邪悪龍編
悟空外伝!勇気の証しは四星球~

Genkai Toppa〔限界突破〕

アルティメットブラスト アバター見聞録
●劇場版(DB)
神龍の伝説
魔神城のねむり姫
摩訶不思議大冒険
●劇場版(DBZ)
(オラの悟飯をかえせッ!!)
この世で一番強いヤツ
地球まるごと超決戦
超サイヤ人だ孫悟空
とびっきりの最強対最強
激突!!100億パワーの戦士たち
極限バトル!!三大超サイヤ人
燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴
危険なふたり!超戦士はねむれない
超戦士撃破!!勝つのはオレだ
復活のフュージョン!!悟空とベジータ
龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる
●劇場版(リメイク・実写・ショー+Ζ)
ドラゴンボール 最強への道
DRAGONBALL EVOLUTION
ドラゴンボール改 超バトルステージ
ドラゴンボールZ 神と神
ドラゴンボールZ 復活の「F」
●アニメオリジナル(DBZ関連)
たったひとりの最終決戦
〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜


エピソードオブバーダック

魔凶星(ガーリックJr.)編

絶望への反抗!!
残された超戦士・悟飯とトランクス


サイヤ人絶滅計画

あの世一武道会編

その他のオリジナルキャラ

ジャンプスーパーアニメツアー08
オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!
●クロスオーバー
悟空の交通安全 悟空の消防隊
こちらナメック星ドラゴン公園前派出所
ネコマジンZ
CROSS EPOCH
●比較ワンピース
気と覇気
戦闘力と道力、懸賞金
●主要キャラクター別一覧
孫悟空☆戦闘力
孫悟飯☆戦闘力
孫悟天☆戦闘力
ベジータ☆戦闘力
トランクス☆戦闘力
ピッコロ☆戦闘力
クリリン☆戦闘力
ヤムチャ☆戦闘力
天津飯☆戦闘力
餃子☆戦闘力
ヤジロベー☆戦闘力
フリーザ★戦闘力
セル★戦闘力
魔人ブウ★戦闘力
ブロリー★戦闘力
亀仙人+ヒロイン❤戦闘力
ミスターサタン✡戦闘力
地球❂戦闘力

強さランキング
強さランキング2
●やってはいけないDB考察
Vジャンプ基準デフレ案
フリーザ最終形態は53万
●DBグッズ 動画 電子書籍
ドラゴンボールグッズ(Amazon)
ドラゴンボールグッズ(楽天市場)
ドラゴンボール 動画
ドラゴンボールZ 動画
ドラゴンボールGT 動画
ドラゴンボール改 動画
ドラゴンボール 電子書籍
Dr.スランプ他 鳥山明 電子書籍
●スポンサード リンク
●サイト内検索

●アニメオリジナル
(ドラゴンボールZ関連)

・絶望への反抗!! 残された超戦士・悟飯とトランクス
戦闘力

Dragon Ball Z: Bardok / Trunks Double Feature [Blu-ray] [Import]


 -ストーリー紹介-

 アニメ「ドラゴンボールZ」の1時間スペシャル第2弾(1993年2月24日放映)。
 人造人間17号・18号と戦う未来の悟飯とトランクスの姿を描いたストーリー。
 『DRAGON BALL Z DVD BOX DRAGON BOX VOL.2 』の特典ディスクに収録。
 TVSP単巻『DRAGON BALL Z SPECIAL SELECTION DVD 』も発売された。

 超サイヤ人2となった悟飯が、超完全体セルを撃破し平和と新たな未来を勝ち取った。
 これは、その新たな未来の礎となった、古き未来のストーリーである。
 17号と18号、二人の人造人間によって滅びの道を歩みつつある未来。
 悟飯とトランクス、二人のサイヤ人ハーフが絶望への反抗を試みていた。
 ドラゴンボール本編を書き換えられた歴史とすれば、この次元こそ「正史」といえる時代と世界なのだ。

 原作では番外編「TRUNKS THE STORY -たったひとりの戦士-」として描かれている。
 収録は「DRAGON BALL 33 (ジャンプ・コミックス) 」「DRAGON BALL 完全版 34 (ジャンプ・コミックス) 」。
 アニメ化放映時期は、コミックス収録巻と重なるセルゲーム開幕直前の頃だった。


スポンサード リンク



-VS フリーザ親子- 紫数字:完全推定数値

メカフリーザ 1億6000万(最大)
コルド大王 1億(最大)

悟空 400万(基本最大)2億(超1-1)

ベジータ 320万(最大)
ピッコロ 135万(重り)170万(重りを外す)
悟飯 90万(基本最大)
クリリン 8万(最大)
ヤムチャ 7万(最大)
天津飯 40万(基本最大)
餃子 5万(最大)

 ナメック星の戦い(エイジ762末)から1年と8ヶ月後、エイジ764、フリーザ親子が地球に襲来した。
 悟空もヤードラット星から地球に向かっていたが、フリーザの宇宙船はそれを追い抜き地球に到着。
 フリーザは悟空が戻るまでの3時間で、地球人を皆殺しにしようと考える。
 しかし、悟空は新たに習得した瞬間移動で地球に帰還、フリーザ親子の息の根を止めた。

 基本的には人造人間 セル編(前編)で紹介した数値と変わらない。
 異なるのはこの次元には、別の未来からトランクスがやって来ていないこと。
 そして、もうじき悟空が心臓病で命を落としてしまうということだ。

 (悟飯の倒したセルがもともといた次元〔仮にB次元とする〕では、トランクスがフリーザ親子を退治したようだ)
 (そのトランクスは、B次元のトランクスとは異なるA次元の未来からやってきたのだろうか)
 (しかしB次元の未来は何故か悟空が死に人造人間によって滅び、トランクス〔B〕はタイムマシンで、また別のC次元へ)
 (本編〔E次元〕で活躍した未来トランクス、すなわちこの章のトランクスをDとすると、BはDとは違う行動をとる)
 (トランクス〔B〕は精神と時の部屋での修行をせずに、17号・18号の設計図を未来に持ち帰った可能性が高い)
 (そして完成した緊急停止コントローラーによって、B次元の17号・18号を倒すことに成功した)
 (B次元ではその3年後、セル〔B〕が現れトランクス〔B〕を殺し、本編〔E次元〕にタイムトラベルする)
 (なお、セル〔B〕は本編〔E次元〕において「トランクス〔A〕の細胞を〔フリーザとの戦いで〕入手してもよかった」と言っている)
 (ここに挙げただけでもABCDE、異なる5つの次元と、異なる運命をたどる5人のトランクスが存在することになる)


 悟空がフリーザ親子を倒してから2年半近く経ち、エイジ766末。
 トランクスが生まれたのと入れ違うかのように、悟空は静かに息を引き取った。

 その半年後。
 エイジ767、5月12日、午前10時ごろ。
 南の都の南西9km地点の島に、恐ろしい二人組が現れた。
 (『ドラゴンボールアルティメットブラスト 』では「あめんぼ島」と呼ばれる島。原作では名称不明)




-VS 人造人間 その1 早すぎた覚醒- 赤数字:公式数値 紫数字:完全推定数値

人造人間17号 4億
人造人間18号 3億


 原作では当初、トランクスは3年後に19号・20号が現れると言った。
 3年後、確かに19号・20号は現れたが、それはトランクスの知る19号・20号とは全く異なっていた。
 トランクスの知る人造人間二人組は17号・18号のことであり、それを指して19号・20号と呼んでいたのだ。
 この次元でも最初に現れたのは19号(デブ)・20号(ジジイ)で、17号(少年)・18号(少女)との交代劇が密かにあった?
 そのどさくさに紛れ、17号・18号の号数が19号・20号だと誤認識されてしまったのだろうか。
 そして、しばらくして(トランクスが二度目に過去へ飛ぶ頃には)認識が正しく改められた??
 (アニメでは「DBZ」「DB改」ともに3年後に現れる人造人間の号数には言及していないため、この矛盾はない)

 本編に登場した17号・18号の戦闘力(パワー値)はそれぞれ12億・9億。
 この次元の17号・18号のパワー値はその1/3だが、凶悪さは本編の彼らよりも遥かに上。
 出現した途端にエネルギー波を乱射し、町を壊し、人々を殺めていった。
 破壊と殺戮の理由は、「人間が嫌い。人間を見ると腹が立つ」からだという。
 一人ずつでもじゅうぶん強いが、双子の姉弟として息の合ったコンビネーション攻撃でさらに強力になる。

 (ゲームボーイアドバンス「ドラゴンボールZ 舞空闘劇 」では、本編と未来、二人の18号が対決するIFストーリーがある)
 (DS用ゲーム「ドラゴンボールZ 舞空烈戦 」のIFでは、本編の18号から未来の残酷な18号に分岐する運命の分かれ道がある)



ベジータ 350万(基本最大)1億7500万(超1-1)

 原作ではこの時点のベジータが超サイヤ人に変身できたかは言及されていない。
 アニメでも、トランクスが悟空に未来の危機を伝える場面では、黒髪のベジータがやられるイメージだった。
 しかし、ドラゴンボールZ 第164話や今作では、ベジータは超サイヤ人になって戦っていた。
 (DBZ 164話「絶望の未来!!地獄を生き抜いた男トランクス」〔1992年11月11日放映〕)
 (今作の放映よりも前の描かれた回想シーンでのこと。完全体セルと対峙する超1-3トランクスの回想)

 基本値は3年前の320万から30万プラスの350万。約1.1倍と、それほど伸びてはいない。
 本編セルゲーム後のベジータ同様、宿敵悟空が死に、戦う意欲をなくしてしまったと想像できる。
 (悟空が心臓病で亡くなったのはこの半年前だが、闘病生活が長くベジータも気が気ではなかった?)
 「カカロットめ…あんな死に方しやがって」
 ベジータのやりきれない怒りが超サイヤ人を目覚めさせたのかもしれない。
 超1-1ベジータ、戦闘力 1億7500万。
 フリーザ戦の悟空(1億5000万)は抜いたが、3年前の悟空(2億)には追いついていない。
 17号(4億)・18号(3億)には及ばず、戦死する。



ピッコロ 200万(重り)250万(重りを外す)

 重りを外した状態で、3年前の170万から80万プラスの250万。約1.5倍のアップ。
 戦う意欲をなくしてしまったベジータとは違い、(ガーリックJr.戦の教訓から)修行は欠かしていない。
 しかし、本編で超サイヤ人悟空との修行の結果到達した1億2000万には程遠い。
 17号・18号の足元にも及ばず戦死。
 同時に神も亡くなり、ドラゴンボールが消滅。
 誰も生き返れなくなる。



クリリン 12万(最大)
ヤムチャ 7万(最大)
天津飯 60万(基本最大)
餃子 5万5000(最大)
(ヤジロベー 970〔ジャンプ付録〕

 クリリンは(ガーリックJr.戦の教訓から)修行を続けており、3年前の8万から4万プラスの12万。1.5倍アップ。
 天津飯は40万から60万に1.5倍アップしたが、餃子は5万から5万5000の1.1倍。素質の差だろう。
 しかし、4人とも本編での人造人間戦に備えた3年間の修行の成果に比べれば雲泥の差がある。
 ヤジロベーはナッパ・ベジータ戦前後の970が最終値。
 皆、17号・18号には天と地以上の戦闘力差があり、風の前の塵のように散った。
 (DBZ 164話及び今作では餃子の死は描かれていないが、フリーザ親子を倒した後のトランクスが戦死者名に挙げている)
 (ヤジロベーの死が描かれたのはDBZ 164話。今作では触れられていない。PSP用ゲーム「真武道会2 」ではカリン様は生きている)



悟飯 150万(基本最大)7500万(超1-1)

 9~10歳。(ガーリックJr.戦の教訓から)勉強の合間にも修行を重ねていた。
 体の成長とともに、戦闘力も3年前の90万から60万プラスの150万に。約1.7倍のアップだ。
 仲間たちが次々とやられる中、悟飯だけは辛うじて逃げ延びることができた。

 悟飯がいつ超サイヤ人に目覚めたかは不明だが、きっかけはこの時の怒りを思い返したことによるという。
 推測するに、ピッコロやベジータ、クリリンたちが殺された時点で一度、超サイヤ人に目覚めたのだろう。
 戦闘力的にはギリギリだが、超サイヤ人への覚醒条件を満たすラインにはある。(数百万レベル)
 悟飯は150万×50=7500万の戦闘力となるが、それでも逃げるだけが精一杯だった。
 いや、超サイヤ人になれたからこそ、人造人間から逃れることができたと言い換えるべきか。

 悟空が超サイヤ人に目覚めてしばらくは変身をコントロールできなかったように、悟飯も随分と苦労した。
 悟飯が超サイヤ人変身を完全に物にし、さらに修行を重ねる間に、月日は瞬く間に流れる。


 人造人間が現れて約13年後。エイジ779。
 平和な街もまだまだあるが、軍隊はほぼ壊滅状態になり、抵抗する者はいない。
 地球の人口の半分が、17号と18号の「ゲーム」によって消されていた。




-VS 人造人間 その2 遅れてきた希望- 赤数字:公式数値 紫数字:完全推定数値

ウミガメ 0.001
プーアル 1
ウーロン 2
亀仙人 139
(通常時)

 人造人間の目から逃れるために、カメハウスを放置し海の中の潜水艇に引きこもっていた。
 亀仙人はラジオの人造人間情報でペッパータウンが壊滅寸前にあると知る。
 人造人間を倒さねば未来はないと、いったんは立ち上がろうとする亀仙人。
 かつては天下一と呼ばれた武天老師、その実力は衰えていないだろうが、無茶だとプーアル・ウーロンに止められる。
 「悟空さえ生きていたら」と拳を握り締めて嘆く様は、セルに対し無力感を募らせるしかない別次元の亀仙人のようだった。



牛魔王 60(全盛期)48(心労 戦闘力2割減)
チチ 130
(全盛期 Vジャンプ)78(心労 戦闘力4割減)

 チチ、42歳。悟空も生きていたら42歳になっていた。
 牛魔王もチチも気苦労が耐えないせいか、本編同時期の二人よりも老け込んでいる。
 その分戦闘力も落ちているだろう。牛魔王よりもチチのほうが心労が祟っていそうだ。
 (本編の時期的には、原作〔ドラゴンボールZ及び改〕最終回からドラゴンボールGTの間に相当する)

 牛魔王は買い物がてら悟飯のうわさを聞きつけ、それをチチに伝えた。
 学者の夢を捨て、戦士としての道を選んだ悟飯。
 チチは悟飯の気持ちを理解しながらも、人造人間なんてどうでもいいから早く帰ってきてほしいと願った。
 別次元のチチはトランクスに礼を言うことになるが、この次元のチチはトランクスに何と声をかけるのか。



悟飯 300万(基本最大)1億5000万(超1-1)

 エイジ779。悟飯、21~22歳。短く刈りこんだ髪型は魔人ブウ編の悟飯に近いが、表情は厳しい。
 人造人間を倒し皆のかたきを討つために、学者となる夢を捨て戦士としての道を選んだ。
 悟空と同じ亀仙流の道着を身に着けており、背中には大きく「飯」の文字が縫いこまれている。
 父のように強くなりたいという願いをこめてつくった道着であるとともに、「悟飯」の名に誇りを持つためか。
 先代「孫悟飯」は亀仙人の一番弟子にして悟空の育ての親。今の悟飯のルーツともなる武道家だ。
 悟飯の食べっぷりは悟空そっくりだとブルマが言う。

 しかし、悟飯は超サイヤ人に目覚めて以来、戦闘力が伸び悩んでいた。
 基本値はようやく13年前の倍、300万でナメック星でフリーザを倒した時の悟空に並んだところ。
 仙豆をほとんど使い尽くすほど死線を潜り抜けてきたが、サイヤ人特有の回復パワーアップの効果を得られずにいた。
 回復パワーアップは超サイヤ人覚醒前段階までの現象と考えられ、そのため悟飯の覚醒は早すぎたといえる。
 (核から全身を再生したセルが超完全体〔超サイヤ人2〕にパワーアップしたのは、もはやセル特有のもの)
 また、悟飯特有の怒りパワー(戦闘力倍加)もなく、超サイヤ人をさらに超えるまでには達していない。

 悟飯は自分を超える戦士の素質をトランクスに見出し、鍛えるとともに度々17号・18号との戦いの場にも連れ出していた。
 トランクスにはまだ本格的に戦闘には参加させていなかったが、遊園地の戦いにトランクスが飛び込んできてしまった。
 悟飯はトランクスをかばい、額から左頬にかけて大きく向こう傷を刻み、左腕を根元から失った。
 仙豆を飲めば左腕も元通りになったはずだが、最後の一粒はトランクスに与えて未来に希望をつなぐ。
 トランクスが悟飯をカプセルコーポレーションまで運び、幸いにも命には別状はなく戦える状態にまで回復した。
 (原作番外編「TRUNKS THE STORY」で描かれているのは、この後の場面から)

 翌年、エイジ780。22~23歳。
 悟飯は西の都近くの岩場でトランクスを鍛え続けていたが、とうとう17号・18号が西の都に襲ってきた。
 (この襲撃前から西の都は荒れ果てていた。大きな都市なので、以前にも標的にされたことがあるのだろう)
 悟飯はトランクスを気絶させ、一人で17号・18号との決戦に向かう。
 前回の戦いではトランクスさえ飛び込んでこなければ、悟飯は17号を追い込んでいた。
 今回も悟飯は戦い始めてしばらくの間は17号・18号二人を相手に善戦する。
 しかし、前回の17号・18号は半分のパワー(2億・1億5000万)も使っていなかったという。(原作での台詞)
 フルパワーを出した17号(4億)と18号(3億)のコンビネーション攻撃から、エネルギー波の嵐に沈む悟飯。
 トランクスが目を覚ました時には、悟飯の気は感じられなくなっていた。

 「オレは死なない! たとえこの肉体は滅んでも…オレの意志を継ぐ者が必ず立ち上がり、そして…お前たち人造人間を倒す!!」


トランクス 240万(基本最大)9600万(擬似超1)

 エイジ779。トランクス、13歳。
 基本値は240万と、(この次元の)同年齢時代の悟飯よりも高い戦闘力を持つ。
 現在の悟飯と比べても基本値では遜色がないが、まだ超サイヤ人には変身できなかった。
 (擬似超サイヤ人〔オーラと髪型のみ超化〕状態なら少しの間だけ保てる段階)
 (原作では最初から超サイヤ人に変身でき、あと何ヶ月もすれば悟飯を追い抜きそうな勢い)
 (ドラゴンボールZ 164話の回想では13歳トランクスが剣を持っていたが、今作ではまだ持っていない)

 人造人間と戦う悟飯に憧れ、同じように強くなりたいと願い、師事するとともに戦いについて回る。
 そのことは母ブルマには内緒しており、悟飯は小さいころの自分を見ているようだと感じていた。
 トランクスは人造人間の非道と、その非道を許してしまう自分の弱さが悔しくてたまらなかった。
 強さを求める心と体は、亡き父ベジータ譲りのサイヤ人の血だと自覚せずにはいられない。
 ブルマからも悟飯からも、ベジータは気難しいが強くてとても誇り高い人だと聞かされていた。

 人造人間との戦いにはまだ本格的に参加せず、悟飯の戦いを見学・研究し続けてきた。
 しかし、遊園地の戦いでは悟飯を助けようとして思わず飛び出し、逆に窮地を招きよせてしまう。
 悟飯は左腕を失う大ケガを負い、トランクスも瀕死となったが最後の仙豆で回復した。



トランクス 250万(修行 基本最大)1億(擬似超1)1億2500万(超1-1)

 遊園地の戦いから数ヶ月後。エイジ780。
 14歳となったトランクスは、悟飯の下で厳しい修行を積んでいた。
 すでに超サイヤ人覚醒前段階にあるためか、前回の瀕死からの回復パワーアップは得られなかった。
 しかし、伸び悩む悟飯とは違い、トランクスは確実に戦闘力を伸ばしつつあった。
 基本値では250万と、フリーザ戦時のベジータに並んだ。
 擬似超サイヤ人状態(戦闘力 1億 通常時の40倍)の維持時間も長くなり、完全な超化まであと一歩。
 原作の悟飯は、あと何ヶ月かしたら自分も追い抜かれそうなほどの成長ぶりだと感じている。

 それでも、トランクスが17号・18号を倒すのにはあと何年か必要だとも悟飯は感じていた。
 西の都を17号・18号が襲撃し、自分も戦うと言って聞かないトランクスを、悟飯は気絶させる。
 トランクスが気付いた時には、悟飯は死んでいた。
 渦巻く激しい怒りと悲しみが、トランクスをついに完全な超サイヤ人(1 第一段階)へと覚醒させる。
 遅れてきた希望。降りしきる雨の中の、涙の超サイヤ人変身だった。


 それから約3年(4年近く)の月日が流れ、エイジ784(or 783)。




-VS 人造人間 その3 絶望への反抗- 紫数字:完全推定数値

ブルマ 4

 ブルマ、51歳(or 50歳)。
 人造人間の襲撃でカプセルコーポレーションは半壊してしまったが、ブルマ自身は元気にやっている。
 両親のブリーフ夫妻の生死は不明だが、亡くなっている可能性が高い。
 アニメでは、トランクスがブルマの母に「はじめまして」と挨拶している。

 「強いのはもちろん、どんなことが起きても必ず何とかしてくれそうな、そんな不思議な気持ちにさせてくれる人」
 悟空さえ生きていたらきっと、こんな地獄の未来にはならなかった。
 誰もが望んだ「IF」を、ブルマは現実にすることを可能にした。
 3年前から研究開発を続けてきたタイムマシンがついに完成したのだ。

 悟空の命を奪ったウイルス性の心臓病の特効薬は入手済み。
 タイムトラベル往復分のエネルギーチャージも完了し、後は実際に過去に旅立つだけとなっていた。
 人造人間の襲撃で研究所が壊されており、マシンの完成度は決して完璧とはいえない状況。
 エネルギーチャージに8ヶ月もかかるため、テストなしのぶっつけ本番タイムトラベルだ。

 「ちゃんと行って帰ってこれると思うんだけど」
 過去を変えても、別の新たな未来に分岐するだけで、この次元の現在には影響がない。
 トランクスは過去を変えた次元と、自分のいた次元の未来を迷うことなく行き来している。
 ブルマのつくったタイムマシンは、パラレルワールド間の航行をも可能とするものなのだろう。



トランクス 350万(基本最大)1億7500万(超1-1)

 トランクス、17歳。(エイジ784の場合、年号から計算すると18歳になるが、まだ誕生日を迎えていないのだろう)
 戦闘力は悟飯を超え、生前の父ベジータの強さに並んだ。
 今の実力なら人造人間を倒せると思い、わざわざ過去に行って研究しなくてもいいと感じていた。
 ブルマには3年前の悟飯と大差ないと注意されるが、トランクスは自信があると言って飛び出していく。
 決戦の場は、西の都南方900メートル地点にあるブリッジタウン。

 勇者タピオンの剣を装備し、確かに攻撃力は上がっていた。
 18号の髪を少し切り落とし、17号にも以前より数倍パワーは上がっていると評価される。
 しかし、攻撃が直線的で疲れるだけだとも18号に指摘された。
 トランクスのエネルギー波は全て紙一重でかわされ、やけになって撃ちまくってもなおさら効果がない。
 超サイヤ人状態は保っているが消耗し、永久エネルギーを持つ17号・18号に一方的に追い詰められる。
 18号のエネルギー弾でとどめを刺されたかに見えたが、気付くとトランクスは病院のベッドにいた。
 5日間も眠り続けていたが、運よく生き延びることができたのだ。

 トランクスは人造人間との差はまだまだ大きかったと痛感し、ブルマの提案を素直に受け入れる。
 ケガが治ったらすぐにタイムマシンに乗り込み、過去の時代へ行く決意をした。
  悟飯が残した最後の希望、トランクスはタイムマシンにHOPE!!(希望)の文字を刻み、絶望への反抗を誓う。
 目指すは20年前、エイジ764。
 地球に帰還しフリーザ親子を倒した悟空に会い、事情を説明し心臓病の特効薬を渡すこと。

 この時点での目的は悟空だけに会うこと。父ベジータと会うのは次の機会にするはずだった。
 しかし、トランクスは悟空やベジータ、小さい頃の悟飯にまで会うことになるのだった。
 フリーザ親子を倒すはずの悟空が地球に戻るまで3時間。
 時間の食い違いを感じたトランクスは、悟空に代わってフリーザ親子を退治する。
 本来の歴史では悟空は瞬間移動で戻ってくることになっていたが、トランクスはそれを知らなかった。
 トランクスは悟空(とピッコロ)以外には正体を隠したまま、いったん未来に戻る。



トランクス 400万(基本最大)2億(超1-1)

 エイジ785( or 786)。トランクス、18歳(or 19歳)。
 タイムマシンのエネルギーチャージ期間8ヶ月を経て戦闘力を伸ばす。
 悟空の強さに触発され、また「最後の決戦」に向けての気合が修行の成果を高めたのだろう。
 トランクスは悟空たちと人造人間との戦いに参加すべく、別次元の過去世界エイジ767、5月12日に飛んだ。
 そこに待っていたのは、見たこともない新たな人造人間たち。
 トランクスは自分が過去に干渉したせいだと思ったが、原因は別のところにあった。
 別次元のセルが、この次元のエイジ763(ナメック星のドラゴンボールでクリリンらが生き返った年)に来ていたのだ。




-もう一つの結末- 紫数字:完全推定数値

トランクス 7億6000万(基本最大)380億(超1-4)

 トランクスが別次元の過去世界(エイジ767)から自分の次元(エイジ785 or 786)に帰還。
 精神と時の部屋での二度(2年)の修行を経て、超1-4の領域に到達し戦闘力を大きく伸ばしてきた。
 この次元の17号・18号を難なく倒し、殺された悟飯たちのかたきを討つ。



〔トランクス 8億6000万(基本最大)430億(超1-4)

 エイジ786?
 タイムマシンのエネルギーチャージ期間8ヶ月を経て、さらに戦闘力を伸ばす。
 17号・18号を倒した報告をしに再び別次元の過去世界エイジ767へ。長髪私服。
 若い母の頼みで天下一大武道大会に出場し、副賞の世界温泉めぐりを狙う。
 ボージャック一味と戦った。(劇場版「銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」)



トランクス 12億(基本最大)600億(超1-4)

 エイジ788。トランクス、22歳(精神と時の部屋での修行期間を含めると24歳)。短髪、戦闘ジャケット。
 この次元のセルを退治し、全ての人造人間を倒した報告をしに過去へ飛ぶ。
 平和な未来を勝ち取ったのだ。トランクスがいる限り、その平和は守られていくことだろう。

 PSP用ゲーム「ドラゴンボールZ 真武道会 」ドラゴンロードに登場した未来トランクスはこの時期の彼だろう。
 (短髪、タンクトップにジャンパー姿、剣を装備。ベジータには「大きくなったな」と言われている)
 ジャネンバ出現の影響で、あの世とこの世だけではなく、異なる時間と空間にもつながった。
 トランクスは時空の穴を通り、魔人ブウ編直後の時代におけるジャネンバ編に参戦する。



-もう一つの結末の先に アナザーロード- 紫数字:完全推定数値

トランクス 20億(基本最大)1000億(超1-4)〔→2000億(超2)

 エイジ790年代? トランクス、20代中盤~後半。
 PSP用ゲーム「ドラゴンボールZ 真武道会2 」のストーリーモード「アナザーロード」の未来トランクス。
 「もう一つの結末」から数年後、何とこの次元にも魔導士バビディが出現し、魔人ブウ復活のために動き出す。
 あれからも修行を続けていたトランクスは、超1-4で魔王ダーブラ(800億)を倒す強さを身に着けていた。
 プレステ2用ゲーム「ドラゴンボールZ2 」「Z3 」「インフィニットワールド 」のように、超2変身スキルがあってもおかしくはない。

 しかし、バビディはトランクスの記憶にある過去の戦士を戦闘人形として多数実体化し、世界に放ってしまった。
 トランクス一人ではどうすることもできなくなり、別次元の過去世界へ助けを求めることになる。
 ブルマのつくった大型タイムマシンに乗り、魔人ブウ編(純粋ブウ消滅)直後の悟空たちが救援に駆けつけた。
 未来トランクスの世界と魔人ブウ編が融合し、壮大なストーリーが幕を開ける。



〔トランクス(超サイヤ人3) 8000億

 トレーディングカードアーケードゲーム「ドラゴンボールヒーローズ」第3弾から登場したオリジナル形態。
 (ミラクルバトルカードダスにも超激闘編ドラゴンボール改 第3弾「限界突破」から登場を果たした)
 タンクトップ・ジャンパー姿で剣を装備した姿の未来トランクス(短髪)が超サイヤ人3に変身した。
 凶悪なマスク、腰まで伸びた長い金髪はもちろん、額中央から垂れた2本の前髪が超3トランクスの特徴だ。
 公式サイトのプロモーション映像では、魔人ブウ(無邪気)が都の人々を飴玉に変えて食べた怒りから覚醒。
 無邪気ブウから分離した善の魔人アバター(プレイヤーの分身)とともに魔人ブウを懲らしめている。
 アナザーロードの未来トランクスを基本とすると、戦闘力は8000億。魔人ブウ編時想定の超3ベジータと互角となる。



悟飯 15億(基本最大)750億(超1-4)
1500億(超2)3000億(超2×怒り)
6000億(超3)1兆2000億(超3×怒り)
→→→60兆(アルティメット悟飯)

 未来の悟飯。死後10数年経つが、肉体は死んだ時のまま23歳。
 PSP用ゲーム「ドラゴンボールZ 真武道会2 」のストーリーモード「アナザーロード」の未来悟飯。
 生前の功績から、あの世で肉体を得て修行に励んでいた。死はある種の開放となる。
 生前あれだけ伸び悩んでいた戦闘力も、死後は精神と時の部屋での修行のように眠れる力を引き出したはずだ。
 セルゲームから魔人ブウ編の悟飯に並び、基本値では15億に達しているだろう。
 超サイヤ人(1-1)の壁を越え、超1-4の領域に到達した戦闘力は750億。
 現世のトランクスには追い抜かれているが、再び突き放すことになる機会を得る。

 ジャネンバの悪の気にあたったせいか、悪夢に捕らわれ暴走し、いもしない人造人間の幻影と戦い続けていた。
 過去からやって来た別次元の悟飯や、この次元の悟空と戦い、どうにか正気を取り戻す。
 そして界王神界に渡り、ゼットソードを抜いて老界王神から潜在能力開放の儀式を受けた。
 超サイヤ人を超えた超サイヤ人2と、それを遥かに超えた究極パワーアップのアルティメット悟飯への変身を体得する。
 しかも老界王神の命を与えられて生き返り、弟子のトランクスを助けるために力をふるうことができたのだ。
 (パイクーハンとバーダックも一日限定で復活し、魔人ブウ退治に協力する)

 ゲームでは他に「Sparking! METEOR 」「レイジングブラスト2 」にも登場。

 ドラゴンボールヒーローズGM9弾から超サイヤ人3となった未来悟飯が登場。
 『超人造人間編』の「現代」&「未来」ステージをクリアすると、「地獄」の穴が開く。
 地獄では超3未来悟飯および超3未来トランクスと力を合わせてミッションをクリアしていく。
 なお、超3未来悟飯は、顔の傷と垂れた前髪の本数を除き、魔人ブウ編の超3悟空とそっくりだ。
 超サイヤ人3のバーゲンセールと言ってしまえばそれまでだが、亡き父の別次元の姿に未来悟飯が重なるのは感慨深い。
 戦闘力は真武道会2想定。基本パワーでは超3トランクスに劣るが、持ち前の怒りパワーでブウ編超3悟空と並ぶ。


〔ゴハンクス 1500億(基本最大)7兆5000億(超1-4)→15兆(超2)60兆(超3)
→→→6000兆(アルティメットゴハンクス)

 未来悟飯と未来トランクスのフュージョン。
 1992年の週刊少年ジャンプ誌上でおこなわれた読者応募のフュージョンデザインの受賞作。
 フュージョンというよりは、青年悟飯と青年トランクスがポタラ合体したような雰囲気の衣装だ。
 (その「カッコイイで賞」の受賞者は、当時15歳の『To LOVEる』の作者・矢吹健太朗だったりする)
 「真武道会2 」以降の悟飯とトランクスがフュージョンした場合、上記のような戦闘力になる。
 基本戦闘力は悟飯の100倍。トランクスから超3化を、悟飯からはアルティメット化を継承している。



 さて、この素晴らしい未来の、さらに先はどうなるのか?
 デンデが新たな神となり、ドラゴンボールも復活した。
 邪悪龍。ドラゴンボールGTと同じ未来が待つかのどうか。
 誰も見たことがない、驚天動地の悟飯・トランクス伝説が始まるや否や??




サイヤ人絶滅計画 戦闘力 へ
ドラゴンボール 戦闘力 トップページへ
DBグッズ(Amazon) DBグッズ(楽天)
ドラゴンボールZ 動画
スポンサード リンク
inserted by FC2 system